ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア推進課 > 介護サービスをうける(地域密着型)

介護サービスをうける(地域密着型)

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

地域密着型サービスってどんなサービス?

とち介いちご

平成18年4月の介護保険法の改正に伴い、介護が必要になっても、できる限り住みなれた自宅や地域から離れずに、安心して生活を維持できるように支援するサービスです。
地域の特性に応じた柔軟なサービスが受けられます。

利用できる方
栃木市内の地域密着型サービスを利用できるのは、栃木市に住所がある方のみです。
利用できるサービスは、認定区分により異なります。

利用方法
直接事業所へお電話いただくか、契約しているケアマネージャーにご相談ください。
具体的なサービスや利用料金については、直接事業所へお問い合わせください。

地域密着型サービスの種類は以下のとおりです

サービスの名称 サービスの内容 利用できる対象者
認知症対応型通所介護(デイサービス)・
介護予防認知症対応型通所介護
認知症の高齢者が認知症対応型のデイサービスセンターに通い、入浴・食事などの介護や機能訓練を受けます。 要介護1~5
要支援1・2
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)・
介護予防認知症対応型共同生活介護
認知症の高齢者が少人数で共同生活をしながら家庭的な雰囲気の中で、介護や機能訓練を受けます。 要介護1~5
要支援2
共同生活を営むことに支障がない人
小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護 地域にある小規模な施設への「通所サービス」を中心に、利用者の状況や希望に合わせて「訪問」や「泊り」を組み合わせたサービスを行い、在宅生活の継続を支援します。
サービスを利用する事業所の介護支援専門員が作成するケアプランに基づき提供されます。
要介護1~5
要支援1・2
看護小規模多機能型居宅介護

医療ニーズの高い要介護者のため、小規模な施設への「通所サービス」を中心に、施設への「泊まり」や利用者の希望に応じて自宅での「訪問看護」の提供を受けることができます。

要介護1~5
地域密着型特定施設入居者生活介護 小規模な有料老人ホーム(定員29名以下)などに入居している方が、介護や機能訓練、療養上の世話などを受けます。 要介護1~5
地域密着型通所介護 定員が18名以下の小規模な通所介護施設に通い、日帰りで入浴や食事の提供、日常生活の介護など生活向上のための支援を受けます。 要介護1~5
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 定員が29名以下の小規模な特別守る老人ホームなどに入所して、介護や機能訓練、日常生活の介助等療養上のせわなどを受けます。
食費、居住費は自己負担です。
原則
要介護3~5
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 訪問介護員や看護師などによる、日中・夜間を通して1日複数回の定期的な訪問や、通報による訪問で介護と看護の連携したサービスを受けます。 要介護1~5

栃木市介護サービス事業所一覧

クリックするとダウンロードできます。

介護保険サービス事業所一覧 [Excelファイル/178KB]

おすすめコンテンツ