ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 医療費 > 若年がん患者の在宅ターミナルケアを支援します

若年がん患者の在宅ターミナルケアを支援します

印刷 大きく印刷 更新日:2022年4月14日更新
<外部リンク>

若年がん患者の在宅ターミナルケア支援

 栃木市では、若年のがん患者の方が、住み慣れた自宅で最期まで自分らしく安心して療養生活を送れるよう、在宅サービス利用料の一部を補助し、ご本人とご家族の負担を軽減します。
 希望する方は、下記のとおり手続きが必要になります。
  

〇若年がん患者の在宅ターミナルケア支援とは…
 医師が一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがない状態に至ったと判断した、18歳以上40歳未満のがん患者に対する在宅療養生活支援のこと。

対象となる方

 次のすべてに該当する方です。

  1. 栃木市民の方
  2. 18歳以上40歳未満で、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがない状態に至ったと判断したがん患者の方
  3. 在宅療養生活の支援及び介護を必要とする方
  4. 他の助成制度による助成金等の交付を受けることができない方

サービス内容

介護保険指定事業者等による次のサービスが対象となります。

  1. 訪問介護
    身体介護、生活援助、通院等乗降介助
  2. 訪問入浴介護
  3. 福祉用具貸与
    車いす、車いす附属品、特殊寝台、特殊寝台附属品、床ずれ防止用具、体位変換器、手すり(工事を伴わないもの)、スロープ(工事を伴わないもの)、歩行器、歩行補助つえ、移動用リフト(つり具を除く)、自動排泄処理装置、等
  4. 福祉用具購入
    腰掛便座、自動排泄処理装置の変換可能部品、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフトのつり具の部分等

補助金の対象

 1月につき補助対象経費の9割(上限5万4千円)

 (生活保護を受けられている世帯は、10割で上限6万円となります。)

※申請前に利用した分は、助成されませんのでご了承ください。

利用の流れ

1.利用申請(郵送可)

 「栃木市若年がん患者の在宅ターミナルケア支援補助金交付申請書」、「意見書」を栃木市に提出してください。

  

2.利用決定の通知

 申請内容を審査し、適当と認めた場合は、栃木市から「交付決定通知書」を郵送します。

  

3.サービスの利用

 サービス提供事業者と契約を結び、サービスを開始してください。なお利用決定された場合、利用申請日にさかのぼって助成対象になります。

  ↓

4.サービス利用料の支払い

 利用者はサービス提供事業者から請求された額の全額をいったんお支払いください。(償還払い)※下記参照

  ↓

5.助成金の請求

 「補助金等交付請求書」、「交付決定書の写し」、「補助対象経費の内訳を確認できる書類」、 「補助対象経費を支払ったことがわかる書類」を栃木市に提出してください。

  ↓

6.申請者への支払い

 請求内容を審査し、栃木市から指定の口座に補助金をお支払いします。

 

※償還払いとは
 サービス提供事業者から請求された額をいったん全額支払っていただき、栃木市への請求後に助成額を支払います。
 領収書とサービスの内容・利用回数・金額が記載された利用明細書を必ず発行してもらってださい。

 

申請受付:健康増進課窓口(栃木保健福祉センター2階のみ) 
※郵送での申請も可能です。
書類に不備があった場合は栃木市からご連絡させていただきます。

申請書は上記窓口にあります。また、下記から申請書等をダウンロードできます。

 

申請書・意見書(在宅ターミナルケア) [Wordファイル/51KB]

請求書(在宅ターミナルケア) [Wordファイル/56KB]

 

 

おすすめコンテンツ