ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 職員課 > 栃木市人材育成基本方針

栃木市人材育成基本方針

印刷 大きく印刷 更新日:2019年3月29日更新
<外部リンク>

 地方分権が進展している中、市の権限や業務量は増大しており、地方自治体にはこれまで以上に自己責任に基づく判断で、地域の特性を生かした主体的な自治体運営が求められています。

 さらに、近年の少子高齢化、ICT化の進展、生活様式や価値観の多様化など社会構造は急速に変化しており、今後の高度化・複雑化する行政課題にも対応しなければなりません。

 職員一人ひとりが栃木市職員としての意識と市への愛着を持ち、一体感の醸成を図りながら、能力を高めるための取り組みの方針として、「栃木市人材育成基本方針」を平成26年3月に策定し、職員の人材育成に取り組んでまいりました。

 しかしながら、策定から5年が経過し、職員を取り巻く環境が大きく変化していることから、平成31年3月に「栃木市人材育成基本方針」を改訂いたしました。

 今後も引き続き、この基本方針に基づき、これからの栃木市を担う人材の育成を長期的視点に立って総合的に進めてまいります。

クリックするとダウンロードできます。

栃木市人材育成基本方針 [PDFファイル/1.63MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ