ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 上下水道局 > 上下水道事業について > 経営状況等 > > 栃木市下水道事業経営戦略を策定しました。

栃木市下水道事業経営戦略を策定しました。

印刷 大きく印刷 更新日:2021年3月29日更新
<外部リンク>

 本市の下水道事業は、平成30年度より地方公営企業法の適用を行い、複式簿記や発生主義による企業会計制度を導入し、公営企業として新たなスタートをいたしました。企業会計制度を導入することで、損益計算書や貸借対照表により、経営状況を明らかにすることが可能となると同時に、将来に渡り安定した下水道サービスを提供できる経営が求められます。

 そこで、本市では、下水道事業の現状分析、課題把握、経営の基本方針と取組内容の設定、今後10年間(令和3年度~令和12年度)の財政見通しとして「栃木市下水道事業経営戦略」を策定いたしました。

 

 栃木市下水道事業経営戦略(概要版) [PDFファイル/563KB]

 栃木市下水道事業経営戦略 [PDFファイル/1.63MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

上下水道事業について