ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 大雨・洪水に関する警戒レベルの導入について

大雨・洪水に関する警戒レベルの導入について

印刷 大きく印刷 更新日:2019年6月10日更新
<外部リンク>

避難勧告等に関するガイドラインの改訂

 平成30年7月豪雨では、気象庁の緊急会見や自治体からの避難勧告など、避難行動を促す情報が出されたものの、自宅に留まる等により多くの尊い命が失われました。
 このことから、内閣府は平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」を改定し、住民等が情報の意味を直感的に理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応を明確化しました。

警戒レベル

※ 栃木市が発令する避難勧告等は、市が総合的に判断して発令するものであることから、警戒レベル相当情報が出されたとしても発令されないことがあります。

警戒レベルに関するチラシ [PDFファイル/7.09MB]

適切な避難行動のために

 「自らの命は自らが守る」という意識を持ち、平時よりハザードマップ等でお住まいの地域の災害リスクや発災時の避難行動等について把握し、積極的に情報収集に努め、避難勧告等が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報を用いて自らの判断で適切な避難行動をとるようにしましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ