ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 公共交通・交通機関 > ふれあいバス・蔵タク > ふれあいバス・蔵タクの運行内容を変更します

ふれあいバス・蔵タクの運行内容を変更します

印刷 大きく印刷 更新日:2020年3月19日更新
<外部リンク>
市民の通学・通院・買い物などの日常生活の足としてふれあいバス・蔵タクを運行していますが、さらにわかりやすく、親しみやすくなるよう、見直しを実施いたします。

主な見直し内容

運賃の改定

市内のどこから乗っても同じ運賃で移動できるよう、市内一律の運賃とします。また、ふれあいバスについては、75歳以上の高齢者の運賃を半額、小学生以下の子どもの運賃を無料とし、より利用しやすくなります。

 
  現在の運賃 見直し後の運賃
ふれあいバス

地区内100円

地区を超えると100円加算

(1路線内最大300円)

一律200円

※障がい者及びその介護者、子ども(3歳~小学生)は半額

※障がい者及びその介護者、高齢者(75歳以上)は半額
※3歳未満は無料 ※子ども(小学生以下)は無料
蔵タク

初乗り300円

乗り継ぎ500円

乗り継ぎを問わず一律400円
※障がい者及びその介護者、子ども(3歳~小学生)は半額

※障がい者及びその介護者、子ども(3歳~小学生)は半額

(変更なし)

※老人福祉センターへの移動は半額 ※最寄りのバス乗継施設への移動は100円

ふれあいバスの路線・時刻表の改正

市民の皆さんからの要望を踏まえて、利便性の向上を図るため、ふれあいバスの路線・時刻表を改正します。

バスロケーションシステムの導入

ふれあいバスの現在の走行位置や到着時刻の目安が一目で確認できるバスロケーションシステムを導入します。

蔵タク・ふれあいバスの乗り継ぎ制度

市内の各地区にバス乗継拠点施設を設け、蔵タク・ふれあいバスの乗り継ぎをしていただくと、蔵タクで直接目的地へ行くよりも安い運賃で目的地へ行くことができる制度を新設します。

ふれあいバス・蔵タクの回数券の共通化

ふれあいバス・蔵タクの回数券を共通化し、同じ回数券でふれあいバス・蔵タクのどちらも利用できるようにします。

見直し時期

 
ふれあいバス 令和2年3月21日から
蔵タク 令和2年4月1日から

※ふれあいバスと蔵タクの詳細な時刻表は以下のリンク先からご覧いただけます。

 
ふれあいバス 蔵タク

 

おすすめコンテンツ