ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳

印刷 大きく印刷 更新日:2019年1月8日更新
<外部リンク>

精神障害者保健福祉手帳

 手帳を所持することによりさまざまなサービスを受けやすくなります。

対象者
 精神疾患により長期にわたり日常生活や社会生活に制約がある方

申請
 以下の必要なものをお持ちになり、障がい支援係(0282-21-2205)へおこしください。

1.初めて手帳の交付を受ける場合

 診断書(精神障害者保健福祉手帳用のもの。用紙は窓口にあります。)
 または、障害年金証書の写しと直近の年金の振込が確認できるもの(通帳もしくは振込通知書)
 印鑑
 写真(たて4cm×よこ3cm、脱帽し上半身の写っているもので、撮影後1年以内のもの)
 マイナンバー、本人確認書類(写真つきの身分証明書の場合は1つ、写真のない身分証明書の場合は2つ)

2.手帳を紛失または破損した場合

  • 紛失の場合
    印鑑
    写真(たて4cm×よこ3cm、脱帽し上半身の写っているもので、撮影後1年以内のもの)
  • 破損の場合
    印鑑
    写真(たて4cm×よこ3cm、脱帽し上半身の写っているもので、撮影後1年以内のもの)
    破損した手帳

3.障害程度が変わった場合

手帳の交付を受けたときに比較して障害程度が変化(軽くまたは重くなった場合)を生じた場合
 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)
 印鑑
 写真(たて4cm×よこ3cm、脱帽し上半身の写っているもので、撮影後1年以内のもの)
 現在使用している手帳

4.住所、氏名が変わった場合

 手帳と印鑑をお持ちになり、変更届を提出してください。

5.市外へ転出する場合

 転出先の市町村へ手帳と印鑑をお持ちになり届け出てください。

6.手帳の返還

  • 障がいの認められない状態になった場合
  • 死亡した場合

 手帳と印鑑をお持ちになり、手帳を返還してください。

申請の際の注意

  • 新規申請から交付までの期間は約2か月です。
  • 申請受付

 月曜日から金曜日午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は除きます。)

利用できるサービス
手帳の等級によって、以下のサービスが受けられます。
 通院医療費公費負担制度(手帳を持っていなくても受けられます。)
 税金・公共料金の減免
 行動範囲の拡大
 在宅福祉

おすすめコンテンツ