ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 高齢介護課 > 介護サービスをうける(施設サービスの種類)

介護サービスをうける(施設サービスの種類)

印刷 大きく印刷 更新日:2021年5月17日更新
<外部リンク>

 

施設サービスの種類は以下のとおりです

サービスの名称 サービスの内容
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 常に介護が必要で、自宅での介護が難しい方が入所して日常生活の介助などを受けます。要介護3以上の方のみが新たに入所できます。
介護老人保健施設 病状が安定し、リハビリテーションが必要な方が入所し、看護・医療的管理下で機能訓練、介護、医療、看護などを受けます。要介護1以上の方が利用できます。
介護療養型医療施設 病状が安定し、長期間の療養が必要な方が、療養型病床を持つ病院、診療所の介護保険適用の療養病床に入院し、医療、看護、介護、機能訓練などを受けます。要介護1以上の方が利用できます。
介護医療院 日常的に医学管理が必要な要介護の方、長期にわたり療養が必要である方が入所し、療養上の管理や看護、医学的管理での介護、機能訓練などを受けます。看取りや終末期医療の機能と、生活施設としての機能を兼ね備えています。要介護1以上の方が利用できます。

・心身の状況などに応じて、入所、入院する施設を選択します。

・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は原則要介護3以上の方のみ、入所可能です。

・施設のケアマネージャーが、本人に適したケアプランを作成します。

・日常生活費、食費、居住費については介護保険適用外となりますので、自己負担となります。ただし、所得が低い方は食費と居住費の負担が軽減される場合があります。詳しくは、次の負担限度額の申請についてをご覧ください。
負担限度額の申請について

・費用やサービス内容については施設によって異なりますので、直接施設にお問い合わせください。

介護保険サービス事業所一覧

クリックするとダウンロードできます。

介護保険サービス事業所一覧 [Excelファイル/103KB]

おすすめコンテンツ