ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建築課 > 家を建てる時に、敷地に接する道路が幅員4mなければならないことを知っていますか?

家を建てる時に、敷地に接する道路が幅員4mなければならないことを知っていますか?

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

建築主の方へ

建物の新築や増改築をする場合、敷地は建築基準法で定められた道路(原則幅員4m以上)に接していなければなりません。

 ただし、幅員4m未満の道路であっても建築基準法の適用を受ける前から建物が立ち並んでいる道路(法42条2項道路)に接している場合は、建物を建てるときに道路の中心線から2mの線まで敷地を後退させることで、幅員4mの道路があるとみなして建築することが出来ます。

この後退した部分(後退敷地)は道路と同じ扱いとなり建物や塀などを造ることはできません2項道路 3 
※ 狭あい道路拡幅整備促進事業補助金についてはこちら

なお、建築基準法の道路に該当するか、何項道路かなどの問い合わせについては、電話による回答はしておりません。

お手数ですが直接、市庁舎3階 都市整備部 建築課 3C-3番窓口でご確認ください。

おすすめコンテンツ