ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 職員人事・採用 > 採用情報 > 会計年度任用職員の募集

会計年度任用職員の募集

印刷 大きく印刷 更新日:2021年9月14日更新
<外部リンク>

栃木市では、次のとおり会計年度任用職員(非常勤職員)の募集を行います。

現在、募集している職種は、以下のとおりです。

募集職種

 クリックすると募集している職種の職務内容や勤務条件等を確認することができます。

 

【生活環境部】

 交通防犯課 交通指導員 [PDFファイル/143KB]

 

【こども未来部】 

 保育課 保育士または看護師 [PDFファイル/152KB] 随時募集中

 子育て支援課 学童保育支援員 [PDFファイル/137KB] 随時募集中

 

私たちと一緒に働いてみませんか?保育士・看護師からのメッセージ動画

【教育部】

 保健給食課 栄養士 [PDFファイル/148KB]

 

申込書のダウンロード(募集案内で定められた様式がない場合、すべての職種に共通)

 応募の際に使用する申込書はこちらからダウンロードしてください。

 栃木市会計年度任用職員選考申込書 [Wordファイル/24KB]

 栃木市会計年度任用職員選考申込書 [PDFファイル/131KB]

 なお、募集案内で他に提出を求められている書類がある場合には、その内容に沿って書類を提出してください。

応募資格

 すべての職種に共通し、年齢・性別・学歴・国籍は問いませんが、地方公務員法第16条に規定する欠格条項(以下1~3)に該当する人は、応募できません。

(1)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者

(2)栃木市職員として懲戒免職の処分を受け、この処分の日から2年を経過しない者

(3)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者

身分・服務

 会計年度任用職員は、地方公務員法第22条の2第1項に基づき任用される、非常勤職員です。任用されると、一般職の地方公務員となり、以下の規定が適用となります。

○法令等及び上司の職務上の命令に従う義務、職務に専念する義務、信用を保つ義務、秘密を守る義務、政治的行為の制限等が適用され、懲戒処分等の対象となります。

○原則として兼業をする際の制限はありませんが、職務に専念する義務や信用を保つ義務等の服務規定は適用されますので、兼業内容については、報告する必要があります。(例えば、職務に専念する義務に支障を来たすような長時間労働を行わないように指導することがあります。)

任用期間

 地方公務員法の規定に基づき、任用時はすべて条件付のものとなり、任用後1か月を良好な成績で勤務したときに正式任用となります。

 勤務成績が良好で一定の条件を満たした場合、その後連続2回まで再度任用することがあります。

任用の解除等

 以下のいずれかに該当する場合は、任期の途中であっても任用を解除することがあります。

(1) 心身の故障等により、長期に亘って勤務できなくなった場合。

(2) 地方公務員法その他の法令による就業・含む基準に重大な違反を犯した場合。

(3) その他、業務の遂行上の重大な欠格があった場合。

(4) 組織の改廃、予算の事情その他、市の都合により雇用を継続することができなくなった場合。(その場合は、1か月前までに雇用解除の予告を行う。)

選考方法

 書類審査の後、面接を実施します。

 面接の日時や会場は、それぞれの募集案内をご確認ください。

注意事項ほか

(1) 応募資格を満たしていない場合、提出された書類に不備がある場合及び申込期限を過ぎて書類が到着した場合は受付できません。

(2) 合格発表について、電話や郵便などによるお問い合わせにはお答えできません。

(3) 応募書類は、返却いたしませんのでご了承ください(責任廃棄いたします。)

(4) 障がいのある人で、選考を受ける際に、駐車場や会場等で配慮が必要な方は、必ず申込時に電話等で相談してください。(申込締切後に申し出があった場合、対応できないことがあります。)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ