ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生涯学習・文化・スポーツ > 栃木市史料叢書刊行のご案内

栃木市史料叢書刊行のご案内

印刷 大きく印刷 更新日:2019年6月24日更新
<外部リンク>

 

栃木市史料叢書第一集『栃木の在村記録 幕末維新期の胎動と展開』第四巻刊行案内

 岡田家は栃木市の旧家のひとつです。当主は代々嘉右衛門を襲名し、その名は現在の栃木市嘉右衛門町の由来ともなっています。
 岡田家の当主達は江戸時代中期から膨大な量の日記を遺しました。幕末から明治維新期の変動にゆれる時代の様相も、当時旗本畠山氏陣屋の代官職代行であった岡田家代々当主の手により日記として残され今日まで伝えられています。
 これまでに日記の調査を行い、その成果を栃木市叢書第一集として第一巻から第三巻まで順次刊行してきましたが、この度最終巻となる第四巻を刊行しました。

              おかだけにっきだいよんかんあんないぽすたーのがぞうです  

              とちすけがおかだけにっきだいよんかんをみています

書籍の閲覧、販売について

※第一巻から第四巻は次の場所で閲覧、購入ができます。

 ✿ 閲覧
   市内各図書館

 ✿ 販売

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)