ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 児童扶養手当

児童扶養手当

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>


父母の離婚、父母の死亡などによって、父または母と生計を同じくしていない児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者または20歳未満で政令の定める程度の障がいにある者)を養育しているひとり親家庭等の父母、または父母にかわって児童を養育している人に支給されます。

支給要件

  1. 父母が婚姻を解消し、父または母と一緒に生活をしていない児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が政令の定める程度の障がいの状態にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から一年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童(平成24年8月1日改正)
  7. 父または母が一年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻しないで生まれた児童
  9. 父母ともに不明である児童

 次のような場合には手当は支給されません。

  • 児童や受給資格者となる方が日本国内に住所を有しないとき
  • 父または母が婚姻しているとき(婚姻の届出はしてなくても、事実上の婚姻関係があるとき)
  • 児童が児童福祉施設に入所しているとき、または里親に預けられたとき

※これまで、公的年金等を受給している方は、年金額に関係なく児童扶養手当を受給することができませんでしたが、平成26年12月1日からは、児童扶養手当よりも公的年金の受給額が少ない場合には、その差額分の児童扶養  手当を受給することができるようになりました。

手当額

全部支給 月額 42,910円
一部支給 月額 10,120円~42,900円

 

  • 児童が2人の場合には、上記金額に5,070円~10,140円を加算、3人目からは1人増すごとに3,040円~6,080円を加算。
  • 一部支給の額は、請求者の所得に応じて変わります。
  • 手当の月額は、「物価スライド制」の適用により変動することがあります。

所得限度額

請求者及び扶養義務者の前年(1月から10月までの請求は前々年)の所得が下表の所得限度額を超える場合は、その年度(11月から翌年10月まで)は、手当額の一部または全額が支給停止となります。また、請求者が父または母の場合、年間養育費の8割の額が所得に算入されます。

扶養親族等の数

所得
請求者(本人)

扶養義務者・配偶者 孤児等の養育者

全部支給

一部支給

全部支給停止

全部支給停止

0人

490,000円未満

190,000円~1,920,000円未満

1,920,000円以上

2,360,000円以上

1人

870,000円未満

570,000円~2,300,000円未満

2,300,000円以上

2,740,000円以上

2人

1,250,000円未満

950,000円~2,680,000円未満

2,680,000円以上

3,120,000円以上

3人

1,630,000円未満

1,330,000円~3,060,000円未満

3,060,000円以上

3,500,000円以上

扶養親族等が4人以上の場合、1人につき38万円を加算した額

その他、所得の計算には、児童扶養手当法で定める控除があります。詳しくは下記窓口までお問い合わせください。

一部支給停止措置

父または母に対する手当は、支給開始月の初日から起算して5年、または手当の支給要件に該当した月の初日から7年を経過したとき(認定の請求をした日において3歳に達した日の属する月の翌月の初日から5年を経過したとき)は、その2分の1が支給停止(減額)となります。ただし、就労中の方や求職などの自立に向けた活動をされている方、障がいや疾病で就労が困難な方などは、届出をすることにより一部支給停止措置の適用除外となります。

対象者の方には、個別にお知らせを送付しますので、内容を確認の上期限までに必要な手続きを行ってください。

申請

下記窓口へ相談にお越しください。必要に応じて、申請手順や用意していただく書類等についてご説明します。

受給資格がある方で、現在届出されている住所や氏名、家族構成等に変更があった場合も、必ず窓口にお越しください。児童扶養手当としての各種届の提出が必要です。

現況届

受給資格のある方は毎年8月中に、現況届をご提出していただきます。

平成31年の現況届は、30年中の所得や家族状況等を確認し、31年11月から32年10月までの受給資格を更新するための届出です。

現況届の提出については、毎年7月下旬に個別にお知らせを送付します。

支給時期と支払方法

手当は、認定請求した(申請書がすべての必要書類とともに受理された)月の翌月分から、支給要件に該当しなくなった月分まで支給されます。

5月・7月・9月・11月・1月・3月(各月とも11日(振込日が休日の場合は、その直前の休日等でない日))の年6回、指定された受給者名義口座へ振り込まれます。 通帳を記帳してご確認ください。

関連情報

 ひとり親家庭医療費助成制度(保健医療課)

お問い合わせ先

子育て支援課 (本庁)

〒328-8686 栃木市万町9番25号 Tel:0282-21-2221

大平市民生活課 (大平総合支所)

〒329-4492 栃木市大平町富田558番地 Tel:0282-43-9202

藤岡市民生活課 (藤岡総合支所)

〒323-1192 栃木市藤岡町藤岡1022番地5 Tel:0282-62-0904

都賀市民生活課 (都賀総合支所)

〒328-0192 栃木市都賀町家中5982番地1 Tel:0282-29-1103

西方市民生活課 (西方総合支所)

〒322-0692 栃木市西方町本城1番地 Tel:0282-92-0309

岩舟市民生活課 (岩舟総合支所)

〒329-4392 栃木市岩舟町静5133番地1 Tel:0282-55-7759