ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 栃木市消防本部 > 消防本部 > 消防本部トピックス > > 救命活動功労者に感謝状を贈呈しました

救命活動功労者に感謝状を贈呈しました

印刷 大きく印刷 更新日:2022年5月18日更新
<外部リンク>

功績

 ゴルフプレー中に心肺停止状態となった救急事案において、胸骨圧迫及びAEDを使用した救命処置を行うとともに、冷静沈着な救命リレーとゴルフコース内グリーン脇にドクターヘリが着陸することができたことにより、傷病者の社会復帰に貢献したもの。

活動内容

 令和4年1月26日(水曜日)11時30分頃、佐藤氏、永島氏、平林氏、米山氏は、傷病者(知人男性)と共にゴルフプレー中であった。その後、傷病者がゴルフプレー中に卒倒したと聞き、東武藤が丘カントリー倶楽部職員へ伝えゴルフ場の従業員から救急要請があった。氏らは、ゴルフ場クラブハウスからAEDを持ち運び、救急隊到着まで胸骨圧迫及びAEDを使用した心肺蘇生法(除細動4回実施)を継続した。
 救急隊到着時、傷病者は自発呼吸が見られたため、ドクターヘリによる早期医療介入が不可欠なことから、ゴルフ場関係者の協力により、ランデブーポイント(注1)に指定されていないゴルフコース内グリーン脇にドクターヘリの着陸が可能となった。
 傷病者は、バイスタンダー(注2)により迅速な救命活動が行われ、冷静沈着な救命リレーとドクターヘリが現場の直近に着陸できたことで、早期に医師の介入が可能となり、一連の「救命の連鎖」が途切れることなく繋がったことにより、傷病者の社会復帰に大きく貢献した。

 ※(注1)ランデブーポイント・・・ドクターヘリが着陸し、患者さんに接するためのヘリの離着陸場
 ※(注2)バイスタンダー・・・けが人や急病人が発生した場合、その場に居合わせた人のこと

贈呈式写真

感謝状贈呈式の写真

感謝状贈呈式の集合写真

(上段:上岡消防長、鈴木署長、下段:左から米山氏、平林氏、佐藤氏)

栃木市の気象

8月14日 (0時~18時)

気温 最高 32.9℃ 最低  23.3℃

湿度 最高 99.9% 最低 43.2%

風速 最大  6.0㎧   平均  1.0㎧

(湿度は相対湿度)

栃木市消防本部観測

※ 災害等で更新されない場合もあります。

講習・試験