ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ハートランドのご紹介


広大な湿地が広がる自然と生きものの宝庫、渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地は、関東平野のほぼ中央、東京から約60kmに位置し、栃木・群馬・埼玉・茨城の4県4市2町にまたがり、その71.2%は栃木市が占めています。総面積は3,300ha、洪水調節容量1億7680万立方メートル、外周30kmの日本最大級の遊水地です。人々の活動とは隔離された貴重な湿地環境をもち、多様な動植物が生息・生育する豊かな生態系が形成されています。2012年7月には、渡り鳥や魚など、様々な生きものがすめる湿地を守るためのラムサール条約に登録されました。

 

昆虫

約1,700種の昆虫が確認されており、そのうち62種は国指定の絶滅心配種など貴重な湿地性昆虫の宝庫です。氷河時代から分布し、いまでも生き続けている種も確認されています。

植物

約1,000種の植物が確認されており、そのうち60種類が国指定の絶滅心配種です。1つの場所に、これだけたくさんの貴重な植物があるのはとても珍しく、新種も発見されています。

野鳥

日本で確認できる野鳥の半分の263種が渡良瀬遊水地で確認されています。そのうち58種は絶滅のおそれのある野生生物の種として、環境省のレッドリストに掲載されています。

レジャー・スポーツ

ハート形が印象的な谷中湖やヨシ原を見ながらのサイクリングや、乗馬やジョギング、ノルディックウォーキング、熱気球にスカイダイビングなど様々なスポーツが体験できます。

魚

44種の魚が生息しており、その数は、栃木や群馬にすむ魚のうち、約70%~80%にあたります。その半分以上は真水だけにすむ淡水魚ですが、外来種が16種と多いことも特徴です。

歴史

今から120年以上前の明治期には、足尾銅山からの鉱毒が洪水とともに渡良瀬川下流部にも流出するようになり、現在の渡良瀬遊水地周辺地域にも大きな被害もたらしました。

治水・利水

ハート形が印象的な谷中湖やヨシ原を見ながらのサイクリングや、乗馬やジョギング、ノルディックウォーキング、熱気球にスカイダイビングなど様々なスポーツが体験できます。

 

ハートランドの住人達

人と自然の楽園である渡良瀬遊水地の「ハートランド」の住人たちとともに、「ハートランド」の魅力や楽しむための情報をお知らせします。ハーツ姫のつぶやきも要チェック