ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 上下水道局 > お客様へ > お知らせ > > 油分やゴミは下水に流さないでください

油分やゴミは下水に流さないでください

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

油分やゴミを台所などから流さないように注意してください!

油分やゴミが下水に流れ込むと

油分は冷えて固まり、固形物となって管の内部に付着します。この固形物が原因となり、流れが悪くなったり、管を詰まらせます。生ゴミなども同様に、管を詰まらせる原因となります。

また、油分の多い汚水は、処理施設や浄化槽の処理能力を低下させます。

配管の油分の詰まり

油分で詰まった排水管

 

マンホール内の様子

油分が流れ込んだマンホール

 

汚水の流出

本管が詰まったことによる公共汚水マスからの汚水流出

 

こうならないために

  • 残った油はそのまま流さず、固めてから捨てたり、回収してもらうなどして処分する。
  • 食器などについた油分は、拭き取ってから洗う。
  • スープ類等の残りはそのまま流さずに、布などでこしてから流す、紙などに吸わせるなど工夫して処分する。
  • 野菜クズなどのゴミ、異物を流さない。
  • トイレではトイレットペーパー以外の水に溶けない紙や紙おむつなどは流さない。
  • グリーストラップのような油分を分離する装置がついている場合は、装置の維持管理をしっかりと実施する。
    ※グリーストラップをご使用している方へ

など、油分やゴミを下水に流さないよう、普段から心掛けていただくようにお願いいたします。

油は流さないようにしましょう鍋はよく拭いてから洗いましょう

上下水道事業について