ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > フォトニュース > 栃木市のフォトニュース(令和2年7月)

栃木市のフォトニュース(令和2年7月)

印刷 大きく印刷 更新日:2020年7月22日更新
<外部リンク>

災害発生時における避難所設置の協力に関する協定を締結しました

㈱デベロップとの協定締結

 栃木市と「株式会社デベロップ」が災害発生時における避難所設置の協力に関する協定を締結しました。
 災害の状況により、栃木駅徒歩4分の「R9 Hostel栃木駅前」(アールナインホステルトチギエキマエ)を一時的避難施設や避難所として使用し、宿泊場所・食事及び入浴施設等の提供協力が可能になるほか、移動式宿泊施設(コンテナ型ホテル)等についても優先的な提供を受けるなどのご協力をいただける協定です。

学校給食でアイスが提供されました

学校給食_アイス2 学校給食_アイス3

学校給食_アイス4

暑い夏にがんばって登校する児童生徒を応援するための、小中学校でのアイス提供第1弾!今日の蒸し暑い気候にぴったりの、すっきりさっぱり氷アイスが提供されました。

子どもたちからは、「コロナウイルスの影響で夏休みが短くなってしまったけれど、アイスを食べて勉強をがんばりたい!」という感想をいただきました。

第2弾は7月28日または29日に予定しています。ひんやりアイスで暑い夏を乗り切りましょう!お楽しみに!

うずま川行灯まつり&ヨシ灯りキャラバン

栃木の山車の切り絵をあしらった行灯

市の花あじさいと巴波川の夜景

アマビエをあしらった行灯

ヨシ灯り

 今年で7回目となる「うずま川行灯まつり」と「【渡良瀬遊水地PR強化月間】ヨシ灯りキャラバン」が、蔵の街大通り周辺の巴波川沿いなどで行われています。

 市内岩舟地域の故川島雅舟氏の切り絵などに彩られた多くの行灯に加え、今回はアマビエの絵をあしらったものや「疫病退散祈願」「元気な栃木市を取り戻そう」などのメッセージが添えられた行灯も。

 また、7月19日(日曜日)までは、渡良瀬遊水地のヨシを使用したヨシ灯りの柔らかな灯りとの競演もご覧いただけます。

栃木農業高校の生徒による市役所4階「栃農庭園」のメンテナンス

栃農庭園の手入れを行った栃木農業高校の生徒の皆さん

栃農庭園の手入れの様子

 7月15日(水曜日)、市役所4階の「栃農庭園」のメンテナンスが行われました。
 栃農庭園は、市役所4階の屋上庭園で、平成29年に、栃木県立栃木農業高校農業土木科3年生(当時)の手により整備されました。その後も栃木農業高校の生徒により庭園の手入れが行われています。
 新型コロナウイルスの影響により、今回が今年度初めての作業となりました。生徒の皆さんの手により、いつもよりも少しこんもりと茂った庭園の除草作業や、もみじの植え付けなどが行われました。